• 最近の投稿

  • アーカイブ

  • タグ

  • カテゴリー

  • posted by admin on 12月 27

    住宅を購入する人の中には、建売住宅を購入しようか、注文住宅を購入しようか悩む人は意外と多いと思います。我が家は注文住宅で購入したので建売住宅のことはほとんど知らなかったのですが、建売住宅を購入した友人に話を聞くと建売住宅にも魅力がたくさんあることを知りました。

    建売住宅を購入した友人が、建売住宅を購入した決め手となったのは価格の安さだと口を揃えて言います。建売住宅は、規格化された住宅が多いため、建築コストを安く抑えることができますし、開発地などが多いため、土地代金も安く設定されています。同じ条件の土地に注文住宅を建てると、土地の仲介手数料など余計な費用も掛かるため2~3割のコストアップになるといいます。

    また実際に現物を確認してから購入ができるというのも安心できます。実際の間取りや設備、収納量などをそのまま確認できるので暮らしをイメージしやすく、購入するかどうかの大きな判断基準となります。また、日当たり状況や外からの騒音なども実際に体験できるのは大きなメリットなのです。

    そして、入居するまでの期間が短いのも魅力だと話していました。特に共働き世帯で住宅にあまり時間をかけられない家庭ではこれは大きな魅力です。注文住宅であれば、土地が見つかったとしても建築会社を決めて、間取りを決めて、細やかな使用を決めなければいけません。全体で半年ほどの工期が必要となるのです。しかし、建売住宅ではすでに住宅が完成していることが多く、建築確認申請など時間がかかる手続きも簡略化できるので最短であれば1~2か月で入居できるのです。建売住宅にこのような魅力があることを知っていれば我が家も建売住宅にしていたかもしれないなとふと感じました。

    posted by admin on 6月 10

    よく新聞に建売住宅の広告が入っているのを目にします。

    建売住宅は住宅販売会社や不動産会社がすでに完成した住宅を土地とセットで販売している物件です。

    建売住宅の大きな利点は、住宅と土地をセットで販売していますのでお買い得なことと、すでに完成していますから、設計の打合せ、工事期間、打ち合わせ期間などが無くすぐに引っ越せるのが大きなメリットです。

    しかし購入するのに住宅ばかりに目が行ってしまし土地のことを見落としがちになることです。

    住宅と土地がセットではありますがまずは土地の状態をしっかりと確認しておくことも大切です。

    通常の家を建てるつもりで、まずは土地の状態から確認するようにしましょう!特に雨の日の水はけなどは一度確認しておいたほうが良いと思います。

    契約後に雨が降って大きな水溜りが出来たら困りますよね?

    建売は現状渡しのケースが多いので注意が必要です。また建物もすでに完成していますから、内部構造などのチェックが素人ではまったくわかりません。

    知り合いに、建築士や大工さんがいるのなら一度住宅を見てもらってチェックをしてもらったほうが良いと思います。

    これは、手抜き工事などがある可能性もあります。

    たぶん大丈夫と言う過信は禁物です。

    買った後から後悔しても遅いですから、しっかりと確認しておくことが重要です。

    もし知り合いに建築士がいなければ、費用は掛かりますが設計事務所に依頼することも出来ますので、参考にしてください。