• 最近の投稿

  • アーカイブ

  • タグ

  • カテゴリー

  • posted by admin on 10月 11

    ★ダンボールのままの荷物
    引っ越し後に何年間も開いていない段ボール箱が、いくつもそのままになっていることありませんか?しっかりとした収納計画を立てずに間取りを考えてしまうと、引っ越した後、物を適当に入れたり、取りあえずしまい込んだりすることになります。

    ★フロア分け
    持ち物リストを見ながら、大まかにどこに収納するか間取りの中で考えるゾーニングをします。戸建の場合、フロアごとに何を置くかを考えていきます。1階には1階で使用する物、2階には2階で使用する物、3階には3階で使用する物にそれぞれ物を分けて、なるべく階段を上り下りせずに、物を出し入れできるように計画を立てます。

    ★フロアごとに
    次は1階、2階とそれぞれ計画をたてます。基本は使う場所の近くに物を収納するようにしましょう、入らなかった物は、なるべく近くに収納するよう考えます。例えば、食器類、調理器具、食品ストック、リネン類、ペットのご飯などはキッチン付近に、靴、スリッパ、傘、遊び・レジャー用具、鞄、スポーツ用品、良く着るコート類などは玄関付近に収納します。シューズクロークの場所がとれる場合は収納できますが、玄関に靴箱しか設けるスペースしかない場合は、玄関に近い廊下にレジャー用品やスポーツ用品を収納できるスペースを造ると便利です。

    個人の物の収納は各部屋に置くように計画を立てます。服やバッグ・趣味の物などがありますが、忘れやすいのは季節外の布団を収納する場所です。
    また、思い出の品や季節用品などをどこに収納するかも考えておきましょう。和室がある場合は、押入に収納する場合が多いのですが、ない場合は、どこかに年に数回しか使用しない家の物を収納する場所を設ける必要があります。

    posted by admin on 4月 7

    洗面室は家族みんなの使用頻度が高い空間です。手洗いや歯磨き、お化粧にヘアセット、入浴の前後や、洗濯の家事などいろいろなことを行う空間なだけに、一番生活感が溢れる場所とも言えるでしょう。そんなに長く滞在する場所ではないのですが、家族の使用頻度が高く、家事を行う上でも重要な場所であるだけに洗面室の重要性は高いのです。

    いろいろな用途で使用する洗面室には物が集まりがちです。収納の鉄則は、必要な場所に必要な物が揃っているかということなのです。そこで我が家は、収納スペースをその空間に合わせて造りつけてもらいました。新たに収納家具を購入する必要もなくなります。設置する家具によっては狭さや収納力の少なさを感じることもあるでしょう。空間に合わせて収納スペースを造り付けることで、隙間なく空間を有効的に利用できるようになりますし、お掃除もしやすくなるのです。

    そこで洗面室には見せる収納と隠す収納を取り入れました。使用頻度が高いタオルは扉のない見せる収納にしました。そうすることでサッと取り出せ使い勝手の良さも高まります。洗剤などの洗濯関連用品や、シャンプーなどの在庫などをオープン棚に並べると色もバラバラで一気に洗面室が生活感の溢れる空間になってしまいます。また洗面室には家族の下着やパジャマも収納しておくと便利です。

    これらを収納しておく場所は扉のある収納でしっかりと隠して収納しています。生活感あふれた印象を避けられますし、下着なども安心して管理できます。洗面室は家事を行う主婦にとって非常に重要な空間であるだけに、まずは満足度の高い収納スペースを手に入れるべきなのです。

    posted by admin on 6月 10

    洗面室には収納しておきたいものがたくさんあります。歯ブラシや整髪料などの用品を始め、髭剃りやドライヤーといった家電、洗濯機を設置する家庭が多いので洗剤などの洗濯関連用品も収納します。
    タオルも洗面室には欠かせません。しかしより便利で使い勝手のいい洗面室にするにはより充実した収納スペースがあるといいのです。洗面室に下着や部屋着、パジャマまで収納しておくのです。

    帰宅してからの動線を考えてみて下さい。帰宅して洗面室で手を洗います。そして部屋着に着替える人は多いと思います。二階のクローゼットまでわざわざ部屋着を取りに行くのは面倒です。洗面室に部屋着を置いておけば、手を洗ってその場で部屋着に着替えることができます。住宅内の動きを省けるので便利さを感じることでしょう。

    また入浴前に下着やパジャマの準備をします。その際も二階のクローゼットへ行き、準備する手をはぶけるのです。洗面室に下着やパジャマをしまっておけば、事前準備をうっかり忘れても、その場に必要な物が揃っているのでサッと取り出し着替えをすることができるのです。

    洗面室を広めに確保し、このような収納スペースを充実させる人が増えてきました。広さに余裕のない洗面室でも洗面化粧台や洗濯機の上部を利用して棚やキャビネットを設けることで収納量をアップさせることができます。無駄なスペースを生まず収納スペースを充実させた洗面室にしたいものです。

    洗面室は生活動線でも重要ですし、家事動線を考える上でも重要です。家族の使用頻度も高いので間取りにも気を付けましょう。

    posted by admin on 8月 19

    住宅内に収納できないものは意外とたくさんあります。
    例えば灯油、庭で使うガーデニング用品、アウトドア用品などがあげられます。
    それらを外にそのまま置いておくのは見た目にも良くないですし、物も劣化も気になります。
    庭に一つ外用収納の物置を設けると便利だと思います。
    外の物置も用途に合わせてサイズも素材も豊富に取り揃えられています。

    私は新築住宅では庭で家庭菜園をしたいと考えています。
    肥料や家庭菜園で必要となる用品をきちんと収納できる物置が庭にあるといいなと考えています。
    庭の雰囲気に合わせるのであれば断然木製物置です。
    グリーンと調和の取れやすい木製は置いていても違和感なく存在してくれるでしょう。木製で気になるのが雨で濡れて木が腐ることや、水が物置に入ってこないかという点です。
    しっかりと防腐・防カビ処理されたものを選び天候に左右されることがないようにしておきたいものです。

    また物置の屋根部分には住宅の屋根と同様に雨漏りしにくい構造になっている木製物置もあります。このような物置ならば高いデザイン性と機能性を期待できるのでオシャレで便利さを感じることでしょう。
    他には狭いスペースでも最適な横開き物置もあります。
    開閉がスムーズに行え軽くて丈夫なので便利さが高まります。
    収納する物に合わせて高さを調整できる棚が設けられていて無駄なスペースを生むことなくしっかり収納できるでしょう。
    外の物置を設置しようかどうか迷う人も多いと思います。
    庭のスペースを考えると断念する人もいるでしょう。
    収納する量や庭のサイズを踏まえ適した物置を設けることができればいいですね。

    posted by admin on 6月 20

    最近、リビングの外でなく、リビングの中に階段をつけるのが流行っていますが、我が家の場合、リビングというよりはキッチンの右端の壁に階段を設置しています。つまり、キッチン階段です。

    リビング階段を設置した友人に感想を聞いたところ、リビングが動線の一部になるので、子どもたちの顔が見えて、良かったという意見が多くありました。しかし、冬や夏の冷暖房の際、どうしても、リビング階段があると、部屋を密閉できないので、冷暖房効率が落ちるという悩みがあると言われました。

    そこで我が家は、リビングではなく、アイランドキッチンの横ぐらいから階段をつけ、階段下のデットスペースに大容量の収納庫をつけることにしました。更に、階段の下の部分に、収納庫と同じデザインのドアを設置しました。

    以前、伊賀の忍者屋敷を見学した時、階段に引き戸がありました。先入観というのは面白いもので、引き戸の向こうに階段があると思わず、何かの収納だと勘違いしてしまいます。1階のどこを探しても階段がないので、入念に探して、結局階段を見つけるのですが、要は時間稼ぎです。もちろん、我が家の場合は、時間稼ぎではないのですが、最初から収納庫と同じデザインのドアをつけることで、階段を密閉するわけです。もちろん、これほど大きなドアはないので、ドアの上の空間はアウトレットで購入した欄間を縦使いにして、はめ込んでいます。

    階段下の大容量の収納のお陰で、キッチンは片付くし、階段設置のスペースも節約でき、リビング階段のおいしいところは取ることができました。物事には全てが良いということはありません。マイナスをプラスに変えていく、その応用力こそ、居間を生き抜く知恵だと誰かが言っていました。誰だったかな…。

    posted by admin on 3月 5

    新築で戸建て住宅を建てる為の打ち合わせで間取りプランの打ち合わせは非常に重要です。

    住まれる方のライフプランに合わせた家つくりにするのですが、リビング、キッチン、子供部屋、寝室などこだわりたい部分や少しで広くしたいと思うあまりに少し忘れがちになる部分があります。

    それは収納計画です。押入れ、クローゼットなど物を収納する為には必ず必要な部分です。

    通常の住宅で収納の面積を全体からの割合で表すとおおよそ8%~多くて10%と言われています。

    実際の収納の総面積の理想は12%前後と言われておりほとんどの住宅が足りていないということになります。

    私の友人は大分でリフォームして収納を増やしたそうです。

    あまり収納を取りすぎても居室の面積が狭くなってしまいますので、デットスペースを有効活用した方法もあります。

    例えば最近ではリビングのコーナーなどに畳の小上がりを造られる住宅も多くなっています。

    この場合嵩上げした部分(畳の下)に収納スペースを設けることもできます。

    衣替えをした洋服などを収納したり、日ごろ頻繁に動かさない物や、お客様用の布団などを入れるといいと思います。

    また最近流行のロフトを活用する方法もあります。屋根裏はデットスペースですから購買天井にしロフトを設けることで収納活用します。

    また子供の遊び場としても使うことが出来るので将来的には収納としてなど用途によって使い分けることが出来ます。

    収納は生活をして行く上で重要です。

    大分の中古マンションに住んでいる友人は収納が少なくて片付かないと言っていました。

    室内をすっきりと見せる為にも必要だと思いますので参考にされてください。

    posted by admin on 3月 12

    住宅の計画を計画をたてる際に気をつけてほしい事が、何点かあります。

    実際に新築を建てた方に話を聞くと、収納の不満が多いようです。

    収納はいくらあっても損はないと思いますが、間取りのことを考えると大体収納面積が少なくなってしまいます。

    収納計画を設計段階でしっかりと計画することも大事ですが、まず始めに新築に持っていく荷物の整理から始めると良いと思います。

    絶対に必要ないものが、クローゼットの奥に入れられていたりすると思います。

    必要ないものは思い切って、リサイクルセンターに売ったり、処分しましょう。

    荷物は生活の中で、またどんどん増えていくものです。入居前にしっかりと整理をしておきましょう。

    また持ち込む家具の寸法や設置する場所も設計段階できちんとふまえて計画しましょう。

    家具表を作成するのをオススメします!持ち込む家具、新しく買う家具、家電などの寸法を記入して、設計の打ち合わせに臨みましょう。

    そうすることで無駄の無い配置計画が出来るので、室内がすっきりします。

    またどこに何を収納するのか場所を決めて計画してください!

    入れたいけど思うように収納できないなどのケースが良くあります。

    一般的収納スペースの理想は床面積の12%相当といわれていますが実際のところ確保が中々難しいのが現状ですが、最近は、屋根裏を利用したり、ロフト、小上がりの畳の下に収納を設けるなどの方法もありますので、なるべく収納は多くとるように心がけてください。