• 最近の投稿

  • アーカイブ

  • タグ

  • カテゴリー

  • posted by admin on 10月 21

    我が家は、リビングに面してウッドデッキを設けています。私はマイホームにウッドデッキを設けるのが夢でもありました。それを実現できている今、住宅内で過ごす時間も外で過ごす時間も大切にできている気がします。ウッドデッキをより多目的に使用できるように横幅と奥行をしっかりと確保しました。

    そしてもう一つのポイントは、ウッドデッキへ行き来する窓は大開口でウッドデッキとリビングの一体化を演出したことです。窓を閉めていても室内から庭の景観が楽しめ、大絵画でも見ているような気持ちにさせてくれます。またリビングとの一体化をより高めるために、リビングとウッドデッキの境にはできるだけ段差をつけずフラットに繋がるようにしてもらいました。フラットに行き来ができることで、小さい子どもから足腰の弱った高齢者まで安心して行き来ができます。安全性が高まるだけでなく、ウッドデッキというスペースがいつまでも身近な存在に感じられるようにもなるのです。

    ウッドデッキを設けても最初は利用するが次第に利用しなくなるという家庭も少なくありません。室内と庭を繋ぐ役目を果たしてくれるウッドデッキをいつまでも大切に感じられるように行き来のしやすさを大事にしたのです。天気のいい日にはウッドデッキで食事をすることもあります。庭で遊ぶ子ども達を眺めながらママ友とお茶をしたり、バーベキューをした際は、ウッドデッキでゆっくりお酒や食事を楽しめたりと多目的に使用しています。自然を感じられる特別なスペースは我が家にはなくてはならないスペースなのです。

    Tags:

    Comments are closed.