• 最近の投稿

  • アーカイブ

  • タグ

  • カテゴリー

  • Archive for 8月, 2018

    posted by admin on 8月 28

    我が家に設けた和室は、一体感のあるLDKに隣接する形で設けています。普段は建具で開け放ち和室をリビングの延長として利用しやすくしています。洋風LDKと畳の和室が隣接するので互いの空間に違和感を与えないように、和室に高さを設けて小上がりにしました。中途半端な段差ではかえって足をつまづけやすくしてしまうので、腰掛にちょうどいいしっかりとした高さを設けました。

    このようにしたことで足腰の弱ってきている我々両親にとても好評の和室になっています。足腰が弱ってくると一度畳に座り込んでしまうと立ち上がる際に体に大きな負担をかけてしまうのです。次の動作に移りにくくなってしまいます。そこで過ごし慣れた和室に高さを設けることでゴロンと横になってゆったりとくつろいでも高さがあることで立ち上がりやすく、次の動作へとスムーズに移りやすいのです。

    また、家事の合間の休憩スペースとしても最適です。家事の合間にソファでちょっと休憩したいと思っても家族が占領していることも多いです。リビングの床に座り込んでしまうとつい休憩が長くなってしまいダラダラしてしまいがちです。このような場合、小上がりの和室に休憩することで、リビングで過ごす家族との時間を共有しながらも、ゆったりと休憩できます。畳下に生まれるデッドスペースを利用して引き出し収納を設けました。

    和室で使用する座布団やお昼寝用寝具、子ども達のおもちゃや日用雑貨などたくさんの物を収納することができています。空間のメリハリが生まれるだけでなく、より休憩しやすい和室が広がり、収納スペースの充実に繋がったことで和室への満足度が高められています。