• 最近の投稿

  • アーカイブ

  • タグ

  • カテゴリー

  • Archive for 10月, 2017

    posted by admin on 10月 11

    ★ダンボールのままの荷物
    引っ越し後に何年間も開いていない段ボール箱が、いくつもそのままになっていることありませんか?しっかりとした収納計画を立てずに間取りを考えてしまうと、引っ越した後、物を適当に入れたり、取りあえずしまい込んだりすることになります。

    ★フロア分け
    持ち物リストを見ながら、大まかにどこに収納するか間取りの中で考えるゾーニングをします。戸建の場合、フロアごとに何を置くかを考えていきます。1階には1階で使用する物、2階には2階で使用する物、3階には3階で使用する物にそれぞれ物を分けて、なるべく階段を上り下りせずに、物を出し入れできるように計画を立てます。

    ★フロアごとに
    次は1階、2階とそれぞれ計画をたてます。基本は使う場所の近くに物を収納するようにしましょう、入らなかった物は、なるべく近くに収納するよう考えます。例えば、食器類、調理器具、食品ストック、リネン類、ペットのご飯などはキッチン付近に、靴、スリッパ、傘、遊び・レジャー用具、鞄、スポーツ用品、良く着るコート類などは玄関付近に収納します。シューズクロークの場所がとれる場合は収納できますが、玄関に靴箱しか設けるスペースしかない場合は、玄関に近い廊下にレジャー用品やスポーツ用品を収納できるスペースを造ると便利です。

    個人の物の収納は各部屋に置くように計画を立てます。服やバッグ・趣味の物などがありますが、忘れやすいのは季節外の布団を収納する場所です。
    また、思い出の品や季節用品などをどこに収納するかも考えておきましょう。和室がある場合は、押入に収納する場合が多いのですが、ない場合は、どこかに年に数回しか使用しない家の物を収納する場所を設ける必要があります。