• 最近の投稿

  • アーカイブ

  • タグ

  • カテゴリー

  • Archive for 6月, 2017

    posted by admin on 6月 19

    暮らしやすい住まいを目指すにはライフスタイルに合った間取り、動線のスムーズさがポイントとなります。移動の際に住宅内を無駄に行ったり来たりと無駄な動きをすることで暮らしにくさを感じることでしょう。間取りを決める際には効率よく住宅内を移動できる動線を確保することが大事なのです。

    暮らしの中心はキッチン・リビングです。この空間を中心に、そこから洗面室や各部屋へ入る動線を考えましょう。そうすることで廊下の面積が少なくなり、効率的にスペースを利用することができます。最近では廊下はデッドスペースと考えられ、廊下をできるだけ設けないようにした住まいが増えています。

    家事を行う女性にとっては、家事の中心であるキッチンから洗面室の動線が重要となります。キッチンと洗面室の動線を短くすることで家事効率を高めることにも繋がります。キッチンで炊事をしながら洗面室で入浴の事前準備や洗濯を行うことも多く、同時に2種類の家事を行うこれら二つの空間は隣り合わせに配置して動線を短くしておくといいと思います。

    帰宅した際は、玄関からリビングまでの動線を考えましょう。玄関からリビングに入ると洗面室へ手洗い・うがいをしに行くのが面倒になります。リビングまでの動線上に洗面室を設けておくことで、手洗いを終えて、部屋着に着替えてリビングでくつろぐことができます。玄関からリビングまで行ったり来たりする無駄な動きがありません。このように暮らしをイメージしながら住宅内の動きに配慮して間取りを決めることで暮らしやすい住まいになるのです。