• 最近の投稿

  • アーカイブ

  • タグ

  • カテゴリー

  • Archive for 8月, 2016

    posted by admin on 8月 18

    家造りで大事なことの一つは、デッドスペースさえも上手に活用させ、空間を無駄なく利用することです。住宅内のデッドスペースと言って思いつくのが階段下ではないでしょうか。この階段下をどのように活用させるかで住宅の印象や住宅の満足度も変わってきます。今までは階段下の活用法で多く取り入れられていたのが収納庫です。日用品や掃除機などを収納しておくスペースとして活用させている家庭が非常に多かったです。

    しかし最近では、リビング内に階段を設けるリビング階段が多く取り入れられています。この階段下は今までとは違った活用法が取り入れられているのです。同じ収納スペースとして活用させる場合でも、隠す収納ではなく見せる収納が多いのです。リビング内に設けられる収納なのでインテリア性を重視することで見た目の印象も良くなります。また収納スペースとしてだけでなく居住スペースの一部として利用させている家庭も多いです。階段下にカウンターを設けてパソコンスペースとしたり、スタディコーナーとして利用させる家庭も多いです。

    我が家は廻り階段をリビング内に設けました。廻り階段の下にはトイレを設置しました。便器を設置している部分の天井は階段下ということで、通常の天井より低く形も特殊です。一部分の天井が低いことで狭さや圧迫感を与えないか心配だったのですが、むしろ階段下を上手に活用しているなという印象を受ける人が多いです。階段の上り初めから途中までの階段下はトイレの収納スペースとして利用しています。階段下を余すことなく活用できているので住宅の満足感も高まっています。他には屋根裏のデッドスペースを利用してロフトを設けたり、デッドスペースを最大限有効活用させたいものですね。