• 最近の投稿

  • アーカイブ

  • タグ

  • カテゴリー

  • Archive for 5月, 2016

    posted by admin on 5月 24

    一階と二階を繋いでくれる階段の途中に多目的に使用できるスペースを確保した中二階スペースを設けてはいかがですか。我が家はこの中二階スペースを設けたことで階段をただの通路としてしまうのではなく、家族の繋がりを感じられる家へとなったのです。まずは一階のLDKからこの中二階スペースへ目が届くようにしました。このようにしておくことで子どもがこのスペースを利用してもしっかり親の目が行き届くのです。

    このスペースを利用する子どもにとっても一階を見渡せば親の顔や様子が見えるので安心感が高まります。ここにはカウンターを造りつけました。子どもがおもちゃで遊ぶ時も、お絵かきの時にも便利ですし、将来的にはスタディコーナーとして利用させることもできます。また大人がこのスペースを利用することもできるのです。書斎スペースとして旦那さんが自分の時間を過ごすこともできますし、私がパソコンを使って仕事をしたり、趣味のネットショッピングをして過ごしています。

    子どもが小さいとなかなか母親は一人の時間を楽しむことが少ないのですが、この中二階スペースを利用することで、一階の子どもの様子をきちんと把握しながら、自分の時間を満喫できるので住宅への満足度も高められています。子ども達が成長し二階で過ごす時間が増えても、中二階スペースで過ごすことで二階にいる家族の存在も身近に感じられます。離れていても一体感を感じられる家は安心できます。階段を有効利用して多目的に使用できるスペースを確保して良かったなと改めて感じています。