• 最近の投稿

  • アーカイブ

  • タグ

  • カテゴリー

  • Archive for 10月, 2015

    posted by admin on 10月 23

    小学生頃までの子どもが勉強する場所は、家族が近くにいるリビングやダイニングです。中学生や高校生頃になると一人で集中して勉強をするようにもなりますが、小学生頃までの子ども達は部屋にこもり一人で勉強することはほとんどないのです。またリビング学習は子どもの学力の向上にも繋がっているというデータがあるほどです。この傾向が強まっていることもあり、高い勉強机を買うよりも、リビングやダイニングにスタディーコーナーを設けることを重視する家庭も多いです。

    我が家もダイニングにスタディーコーナーを設けました。子ども達がまだ小さいので今は私がパソコンスペースとして利用しています。子ども達の勉強スペース兼パソコンスペースがあることで、くつろぐスペース、そして食事をするスペース、勉強するスペースと空間を分けて利用でき、生活にもメリハリが生まれるのです。リビング学習をする子ども達の中には、ダイニングテーブルやリビングのローテーブルで勉強を行う人は多いです。

    しかし、くつろぐスペースも、食事をするスペースも勉強するスペースも混合すると、生活にメリハリが失われますし、勉強への集中力も下がってしまいます。例えば、ダイニングで勉強をすると食事をする時に消しゴムのカスが散らかっていることもあるかもしれません。衛生的にも良くありませんし、勉強をしていても食事になれば片付けなければいけないので面倒です。リビングのローテーブルで勉強をすれば、姿勢を悪くしたり、自分に合わないテーブルの高さに集中力も欠けてしまうかもしれません。

    子どもが落ち着いて勉強できるスペースを確保するには、しっかりとスタディーコーナーを設けてあげるのが一番です。親は宿題のチェックもしやすくなるので一石二鳥ですね。