• 最近の投稿

  • アーカイブ

  • タグ

  • カテゴリー

  • Archive for 5月, 2015

    posted by admin on 5月 12

    キッチンは女の城とも言われる場所です。キッチンに高い快適性を求める女性は多いです。専業主婦にとっては一日三度の食事の際にキッチンへ立ち準備をするので、料理のしやすいキッチンというのが求められます。

    公共のトイレなどで蛇口の下に手をかざしただけで水が出る水栓を見かけます。家庭のキッチンでもこのように進化した水栓が増えてきました。私の親戚宅の新居のキッチンがまさにこの水栓です。手が汚れていてハンドルを触りたくない時には便利です。ハンバーグをこねた後や衣つけをした後など手が汚れていると蛇口を触りたくないものです。このような時にまさにこの水栓は便利なのです。

    また蛇口の先端にホースが内蔵されていて、取り外して伸ばせるハンドルシャワーであればシンクのゴミを簡単にながすことができるのです。シンクのお手入れや大きなお鍋を洗う時に非常に便利です。

    また調理道具やフライパンやお鍋などキッチンには様々な物を収納します。これらを適材適所に、また出し入れしやすいようにしまうことで料理の効率もグンとアップします。例えば菜箸やお玉など長い物は立てて収納します。これらを使用するのはコンロ部分が多いのでコンロ下に立てて収納するのがベストです。フライパンやお鍋もコンロ下に柄の部分がつかみやすくなるように収納すると取り出しやすくなります。

    従来はシンクやコンロ下の収納スペースの上部が空いて無駄なスペースになっていましたが、引き出し収納で空間を立体的に使用することで無駄なスペースが生まれにくく、収納力もアップします。料理のしやすいキッチンを目指しましょう。