• 最近の投稿

  • アーカイブ

  • タグ

  • カテゴリー

  • Archive for 2月, 2011

    posted by admin on 2月 27

    東京の品川区で不動産物件探しをしている友人がいますが、やはり中古住宅を購入するということでかなり注意深くなっているようです。

    さてインスペクションという言葉をご存知でしょうか?

    「インスペクション」とは「欠陥住宅ではないか」「いつごろ、どこに、いくらくらいのお金がかかるのか」「あと何年くらいもつのか」など住宅に関する不安を診断をして解決してくれるサービスのことです。

    欧米では中古住宅の取引の70%~90%がの確率でインスペクションで行われているそうです。

    このような人たちのことをインスペクターと呼び住宅の身体検査を行いカルテを作る仕事なのです。

    中古住宅は経過年数によって老朽化している部分もありますし、現状日本で中古住宅を購入する人たちは不動産屋に案内されて話を聞き購入に至っています。

    しかし良心的な不動産屋ばかりではないので、もしかしたら欠陥住宅を売りつけられる場合もあるかもしれません。

    このような場合に日本では知り合いの大工さんや建築士に依頼して構造などを見てもらっていますが、このような場合にインスペクターに依頼すれば診断を行いカルテを作ってくれるのです。

    現在日本には187人の公式ライセンスを持ったインスペクターがいるそうです。

    費用は5万円~20万円前後だそうです。

    中古住宅市場はこれからさらに拡大が予想されていますから、購入者が安心して買えるようにしていくためにもこういった制度は重要なのだと思います。

    友人も山形で住宅を購入すると言っていますが、安心のためにこういった仕組みがどんどん増えていけば中古住宅を購入する人はさらに増えていくのではないでしょうか?

    今後に期待したいと思います。