• 最近の投稿

  • アーカイブ

  • タグ

  • カテゴリー

  • Archive for 1月, 2011

    posted by admin on 1月 21

    住宅のイメージを決定つける要素にインテリア計画は、かかせません。

    今回のお話は以前に佐賀で住宅を建てた友人に話した内容を書きたいと思います。

    皆さんは新築を建てる場合に家具などのインテリアのことはどう考えていますか?

    例えば家が完成に近づいたら住宅にあわせて家具を買いに行きますか?

    私がオススメする新築住宅におけるインテリア計画はまず今現在使用している家具については寸法色などを記入した家具表を作成しましょう。

    その理由は家具の大きさなどに合わせて間取りを決めることが出来るからです。

    家具のおく位置や大きさに合わせて、間取りを計画することで納まりの良い間取りが完成するのです。

    通常の設計では一般的な間取りや開口部になりますから、家具の納まりが微妙だとせっかくのゼロからの設計の意味がなくなってしまいます。

    せっかくの注文住宅ならば家具の色や、寸法なども合わせて計画することが大切です。

    また新しい家具も事前に決めておき、床の色や壁紙の色をチョイスするほうが理想的です。

    家具は高級なものでなくても統一感があればとても良く見えるものです。

    壁の色などに合わせて家具をそろえることは中々難しいのが現状です。

    壁紙や床の色は同じ値段で豊富な種類が選べますが、家具は色が限定されますし、当然種類も変わってきますので先に家具の色を決めて、内装の色決めをするほうがスマートだと思います。

    親戚が大分の中古住宅を購入して、リフォームしてから引っ越しをした際にも新しく購入する家具等も内装の色と合わせて揃えました。

    その結果中古住宅とは思えないほどの統一感を感じました。

    新築の場合で建てる際の住宅設備やキッチンなど色合いも初めから決められるのでより一層の統一感を生み出せるはずです。

    少しでも参考になればいいなと思いますのでよろしくお願いします。